建物構造 | キャピタルマークタワーのことなら売却仲介手数料無料のアローズリアルエステート
建物構造

安全で快適な住まいの創造

 

超高層免震技術「ウインカー工法」

南北断面図 約1万1,000m2の敷地には,多くの緑地を配し,憩いの場を創出。ダブルチューブ架構による柱や梁の出ない自由度の高い居室空間,360度の大パノラマを満喫できるラウンジやゲストルーム,低コストで安全なオール電化システムの採用,そして地震に強い免震構造などの最先端技術を導入し,真に安全で快適な暮らしを提供しています。   超高層免震ビルの揺れ方のイメージ 「ウインカー工法」は,積層ゴムを直接建物の基礎に固定させるのではなく,ウイングプレートと呼ばれる鋼板を介して定着させることで引張力対策を施す。積層ゴムに引張力がかかった際,ウイングプレートがその大部分を吸収し損傷を回避する。積層ゴム本体の加工や特殊な装置を使わないため,低コストで信頼性の高い免震構造を実現しています。
鉛プラグ入り積層ゴムの構造震装置の配置図
トライアングルフォルムのキャピタルマークタワーには,大きな引張力のかかるコーナー部にウインカー工法の免震装置24基を配置。従来型の免震装置を含めると,69基の免震装置が設置されています。
  通常時:建物の自重は積層ゴムから直接基礎に伝わるウイングプレートの種類
建物の規模によって1枚の鋼板でできた平面タイプと機能性の高い2枚の鋼板をあわせた連結タイプがある。また,設置場所の納まり具合によってプレート枚数を2~6枚に選択できる。
キャピタルマークタワーは連結タイプの6枚プレートを使用しています。
免震装置の配置図   キャピタルマークタワーでは、トライアングルフォルムの3点に超大型の免震装置を設置しており、長周期地震派に対しても頑強さを発揮出来ます。建物自体の耐震性能を一段階高く設定しているのも信頼の証。さらに、「オール電化」にすることで火災発生のリスクを抑えることができます。
 
  壁構造   全熱交換形24時間換気システム   ボイドスラブ構造   復層ガラス  
耐震性、耐久性を高め、遮音性にすぐれ、外部や隣戸からの生活騒音の侵入を軽減させます。外壁のALC厚は約100㎜以上、乾式間仕切りは約138㎜以上を確保しています。 室内の熱を逃さずに空気を入れ換える全熱交換型。シックハウス対策に対応します。省エネルギー効果が期待でき、冷暖房エネルギーの無駄を減らします。 床スラブ厚は約350㎜以上を確保。将来のメンテナンスやリフォームも容易に行えるように配慮しています。二重床・二重天井構造を実現することで遮音性が高まりました。 通複層ガラスを採用することにより、気密性や断熱性が高まります。室内環境は静かで快適になるように配慮しています。復層ガラスは不快な結露を抑える効果があります。
 
アローズリアルエステートの公式ホームページはこちら